施術案内
冷え性治療
あなたは冷え症をそのまま放置していませんか?冷え症には正しい改善方法と自宅対策法があります。医学的見地から正確に冷え症を分類し、的確な改善方法と生活指導をおこないます。

[料金] … 3,000円(税込)
冷え症を放置すると
①慢性痛や、肩こり、腰痛、便秘、生理痛がひどくなる。
②太りやすくなり、ダイエットをしてもすぐにリバウンドする。また新陳代謝が悪くなり老けやすくなる。
③免疫機能が低下して風邪などをひきやすくなり、アレルギーや花粉症の原因になる。
④内臓の働きが悪くなる、婦人科疾患やがんの原因になる。
⑤自律神経が乱れる。うつ傾向が強まりやる気が無くなる。
⑥物忘れがひどくなる。
冷え症タイプ別改善方法
3つのタイプの冷え症に個別の改善方法が必要です。
タイプ1◆末端冷え症
手先・足先を中心として冷えを感じます
[症状]
・血管が何らかの原因で圧迫され、末梢の血流が悪くなる冷え症です
・特に冬場はつらくなり、肩こり、腰痛、生理痛、便秘などの症状が強くなります
[原因]
・O脚
・外反母趾
・骨盤のねじれ
・足の筋力が弱く関節が硬い
[対策]
・骨盤や骨格、捻れた下肢や足アーチの矯正が必要になります
・対策グッズとしてレッグウオーマーや5本指ソックスがオススメ
・身体の関節を柔らかくすることが重要
タイプ2 ◆ かくれ低体温型冷え症
腰から足を中心として冷えを感じます。
[症状]
・内臓温度が低下しておこる冷え症です。内臓機能の低下、免疫力の低下
・痩せにくい体質になります
[原因]
・食生活の偏り、深層筋力の低下、生活習慣の乱れ、服装(素材やスタイル重視で締め付けるのはダメ)
[対策]
・お腹の中の温度を上げることが必要になります
・対策グッズとして腹巻き、毛糸のパンツがオススメ
・カイロなどを使用してお腹を温めたり温性の食材を摂ることが重要
タイプ3 ◆ 全身型冷え症
身体全体に冷えを感じます。
[症状]
・特に体幹(うなじ、背中、腰、お腹)のひえを強く感じます
・全身の倦怠感、うつ症状、自律神経失調などが起こります。男性はこのタイプが多い
[原因]
・強いストレス、急激な環境の変化、過剰なダイエット
[対策]
・ストールの室内使用、うなじや冷え症を強く感じる場合の乾布摩擦がオススメ
・首、お腹、足先を良く温め、冷やさないことが重要
home&news 診療案内 施術案内 設備・技術案内 ファビリテーション 院内案内 交通事故の治療 各種保険取扱い お問い合わせ・アクセス
月~金曜日:[午前]8:30~12:00[午後]15:00~19:30/土曜日:[午前]8:30~12:00[午後]※予約制施術のみ/日曜日・祝日:休診日
〒362-0055 埼玉県上尾市平方領領家135-1 電話:048-725-0505 いしわた鍼灸整骨院
COPYRIGHT いしわた鍼灸整骨院 ALL RIGHTS RESERVED.